ブランケット人気店

履歴 TOPへ

色々な使い道があるネックウォーマーを調べてみた

ネックウォーマーですが、冬の時期になると、意外と人気の商品になりますので、注目の的になります。

当店でも低単価の販促用ネックウォーマーを展開していますが、どんな使われ方をしているのはか、まだわかりません。

そこで、普段どんな気持ちで対応しているのか調査してみました。

 

まずは基本として「あったかい」がキーワード。

寒い冬ですから、どうしても寒さ対策として使っているみたいです。

ただし、調べてみると、やはり若い世代がメインで、中年以降の世代ではあまり声が聞かれません

やっぱり、ネックウォーマーは最近の商品なんですよね。

 


 

手作りネックウォーマー

ネックウォーマーを販売していると「手作り」というキーワードがちらほら。

当店は既製品の販売なので、対応できませんが、珍しい手作りネックウォーマーの画像を発見しました。

やはり編み物系で完全なオリジナルですね。

 

キャラクターネックウォーマー

若い世代がメインのネックウォーマー。

冬のオリジナルグッズとして展開すれば、それなりに反響があります。そこで、けっこうキャラクターデザインとしての価値がありますので、こんな画像を発見しました。

やはり、大手になると、デザインも全く違い、完全なオリジナルグッズとして展開できる凄さがありますね。


 

デザイン系ネックウォーマー

当店もメインとしていまうすが、プリントによるオリジナルグッズ。

このクラスになると、ほぼ製造からの生産となりますが、やっぱり手軽なオリジナル製作としてはいいですよね。

デザインのよい・悪いでセンスが問われますが、こうした傾向はいい感じですね。


 

その他動物の使っている

最後にですが、ネックウォーマーの使い方として、犬やネコが意外と使っている現実がありました。

腹巻とか暖かさとか。人以上にお気に入りのような感じさえします。




こんな感じで調べてみました。

いかがでしたか。あまり興味がない人も、けっこう画像だけ見ると、

「温かそうだなぁ」

と思ったはずです。

通常はマフラーがメインとなっていますが、ネックウォーマーもどんどん進化しているのがわかります。

2015年11月18日