ブランケット人気店

履歴 TOPへ

2014年の人気のブランケットを振り返る

2014年のブランケットの売り上げから、どんな傾向があるのか分析してみます。

結論からいえば、「無地のブランケットが強かった」という点と、「オリジナル印刷がメインとなった」という点になります

この点について書いていきたいと思います。

 

無地のブランケット

無地のブランケットで色指定は出来ませんが、非常に人気があったのが、シンプルフリースタイプです。こちらになります。

28677img

完全な無地状態で、単価も非常に安く、こうした傾向があり、全体としてはオリジナルがしやすい傾向となります。

名入れ印刷は基本は右下となりますが、こうした商品の傾向で、それほど嗜好がないので、当店のルール通りになっているのが現状です。

もともと、ブランケットに名入れ印刷をするサービス自体が少ないので、こうした要望については、それほど無理を言って対応するお客様が少ないのです

こちらのイメージ通りに、ある程度は出来上がることが、それ自体で満足している傾向があります。

結果としては、当店もプロなので、お客様が満足して対応するのがメインとなるため、それほどクレームがありません。

 

無地のブランケットは最初は、どのようにすればいいのかわからないのが現状ですが、いったん他社が1度でも制作すると、それを見本として、展開できるために、それほど無理な部分があるわけではありません。このため、いったん道ができるとそれなりにオリジナル依頼が来る形なのです。

 

 

模様がついたブランケットも人気

今年の初めての傾向としては、模様がついたブランケットが人気になりました。

28697img

こちらは先ほどの人気の理由として無地を展開できることとしていますが、全く違います。模様がついているからこそ人気なのです。

商品自体の魅力があり、名入れ印刷をしないでそのままの傾向がありますが、これも名入れ印刷をして展開するがメインとなります。

こちらもオリジナル印刷をして展開するようにしました。

当店では不思議とオリジナル依頼が半分程度あるわけです。

結果としては、どのブランケットが人気のオリジナル品になるのかわかるのが流れになっています。

2015年1月8日