ブランケット人気店

履歴 TOPへ

ブランケットの新しい言い回しについて

夏になると、必要がなくなってくるブランケット。
そういえば、「ブランケット症候群」って知ってます?

ブランケット

 

一種の依存症のようなのですが、
語源は、有名な犬の漫画に登場する少年が、いつも毛布(ブランケット)を
引きずっていて、毛布を話すとパニックに陥ることからだそうです。
ブランケットに限らず、子供のころから持っているぬいぐるみがないと
眠れないなんていう症状も同じようなことだそうです。

 

そういえば、我が家の愛犬もこれとはちょっと違うかもしれませんが、
誰かが家にいると、常に体の一部をくっつけて寝ています。
もしかしたら、この行動もその依存症のような症状なのかもしれません。

 

でも、くっついているとほんわか暖かいのです。
人間の体温よりも高い犬。ひと肌ならぬ、犬肌は、私にとって最高です。
特に寒い冬の夜などは、あの暖かさが身に沁みますね。
さすがに、夏は暑苦しくできれば、離れてもらいたいと思うことが
多々ありますが・・・。

何はともあれ、人も動物も知らず知らずのうちに、何かに依存しているのでしょうね。
そう考えると私は、愛犬の「ぬくもり」に依存しているかもしれません(笑)

 

 

2014年5月13日