ブランケット人気店

履歴 TOPへ

フルカラーオリジナルのブランケット製作について

フルカラーブランケット画像

お問い合わせがある件にて、フルカラーのブランケット製作についてです。

実際にはあるのですが、ほぼ0件の注文となりますので、あえて展開していません。

2014年になって落ち着いてきたので、内容を踏まえてお伝えします。

 

まず、写真のようにブランケットに高性能なインクジェットタイプで名入れが可能です。

この時点で、

「ああ!高いだろうなぁ」

と思った方は良い感性となっています。

 

画像

 

こちらが拡大した部分となります。

見て頂ければわかりますように、非常に細かくなってます。

この技術ですから、フルカラーのインクジェットですが、相当にレベルが高いと思います。

こうした点から、数が少ない数量では出来なく

 

大口の予算を持っている所だけのグッズ製作

 

という形が見えてきます。

 

裏表

 

さて。こちらが裏・表になります。

こうした点から、フルカラーの再現性が高いので、この差をしっかりと見ることが可能です。

 

こうしたグッズをメインにするのですから、基本は、アイドルグッズ・美術館グッズ・アニメキャラクターグッズなど、金に糸目を出してもOKな業界のみとなるでしょう。

 

ポーチ型

ポーチ型中

さて、こちらはポーチ型です。

こちらのポーチ型は同じコンセプトで製作されたものとなります。

キレイですが、よぼどの「オタクグッズ」で無い限り、こうしたものは販売が難しいでしょう。

 

さて、全体の説明はココまでで、実際の流れからすれば、

 

ブランケット(50×70センチ程度)

1000枚、1500円程度

となります。

ですから総額が150万円の仕事となりますので、この金額でOKなら良いですが、

1500円ほどの金額を1000枚出来る所は限られるでしょうね。

ですから、内容や企画は立てても、実際のキャンペーン企画品としては該当しないのです。

 

ポーチタイプですが、こちらは付属品となりますので、ブランケットを入れるタイプになります。

これはプラス500円ほどになりますので、予算内からいえば、あまり良い感じではありません。

 

全体のサンプル製作は30000円となります

もちろん、これは予算があっての流れであり、サンプルだけは基本出来ません。

 

さて、こうした流れから言えば、どんなタイプのお客様が購入しているからですが、

アニメ

芸能人

の2本が基本となっています。これ以外はほぼダメみたいです。

 

2013年の冬には、ほぼこんな形でアイドルグッズなどがメインとして製作したようです。

2014年1月17日