ブランケット人気店

履歴 TOPへ

風があり肌があるとマイナス5度程度感じる

風がある場合、通常よりもマイナス5度程度は、体感温度が下がる。

このため、マフラーや最近はネックウォーマーなどを着けるのが良い。

特に肌が出ている場所は、すぐに反応してしまうため、覆うことが大切だ。

 

冷たさは指先から来るので、足はくつ下や靴があるのである程度は問題ないけど、

問題は手の指先で、手袋をしていないと、すぐに手がガチガチになる。

また、いったん手が冷たくなると、これを温めるには時間がかかり、とても大変な作業である。

 

このように肌に当たる部分はなるべくさらさないようにしなければいけない。

2013年2月25日