ブランケットよくある質問Q&A
TOP> よくある質問Q&A
北欧ブランケットの柄のセンスの良さについて


 

北欧ブランケットの柄の良さはとてもセンスがあるように思います。白熊・トナカイ・羊など連想する動物が暖かい。

 

今では生産地として中国が一番であるのは当然で、縫製工場のほとんどが中国です。


ですから、北欧ブランケットと言っても、実際に生産しているのが中国の工場であっても不思議ではありません。


しかし、大口の数十万個レベルなら中国の工場だと思いますが、実際に数千個程度なら、北欧の工場でも十分生産数だと思います。

 

さて、北欧ブランケットのセンスの良さは柄にあります。
白熊などが良い例で、見た目が温かそうです。それと同じようにトナカイや羊も同じように暖かいイメージがあります。

 

こうした柄は生活の中でありますので、日本では珍しい柄ですが、北欧ではこのような動物は普通なので、こうした柄の多用が北欧ブランケットになるのでしょう。