ブランケットよくある質問Q&A
TOP> よくある質問Q&A
ブランケットとアパレルメーカーの強さと弱さ


 


ブランケットの多くがアパレルメーカーが製作していますが、オリジナルの販促品ルートとなるとほぼないのが現状です。

 

しかし、全体としては大手になると、アパレルメーカーが入ることもしばしばありますが、流れとしては本体のアパレルメーカーが入るというより、その下請け先が、少しだけ協力するような流れが一般的ではないでしょうか。


つまり、オリジナルを製作したい場合、アパレルの方がノウハウがあり、コツもつかてんでいるため、どうしても小回りが利く場合が多く、こうしたケースで活躍します。

 

しかし、アパレル自体のチームや仲間ならいいでしょうが、こうした販促品の業界では、アパレルの仲間が少ないために、無理な提案やノウハウをアパレル側の下請けに相談することも出来ない状態です。


これはまだ1度も取引をしていないのに、やり取りだけが複雑化して、煩雑になると迷惑がかかるため出来ないのです。

 

このため、意外とアパレル関連のブランケットタイプのノウハウオリジナルは、展開できるところが少なく、実際の問題としては、出来る所が非常に付加価値が高いものとなります。