ブランケット
TOP>ブランケットの豆知識>ひざ掛けとブランケットの違い

ひざ掛けとブランケットの違い

 

必要なものはひざ掛け?ブランケット?

寒さを感じた時に何か羽織るもの・・・と考えると
当サイトにお越しの方ならば、まずブランケットを想像していただけたと思います。

 

当店ではブランケットとひざ掛けを取り扱いとしていますが

ブランケットとひざ掛けの血がちいうものについて説明いたします。

 

ブランケットのルーツと用途

ブランケットとか英語のケット(毛布)を意味しています。

ケットは昔、太めの糸を編んで作った厚手の毛布が主流で

寝具として使用されることが一般的でした。

ケットを細めの糸を使用して編みこ間れたものがブランケットとなります。

こちらは糸が細いので薄手になることから寝具用というよりも軽く羽織るものとして開発されました。

またブランケットは比較的ケットよりも手軽に使用ができ

マフラー、ストールなどもブランケットの一種といえます。

またメキシコで使われるようなポンチョもブランケットの一種です。

 

「ブランケット=軽く羽織って傍観するアイテム」です。

 

ひざ掛けとは

上記のとおりですと、ひざ掛けもブランケットの派生といえます。

ひざ掛けは膝にかけるものなのでデザイン性も若干おしゃれなものではなく、

基本的に椅子に座った時に膝にかけるものが主流です。

ひざ掛けとブランケットはほぼ同じものです。

 

大きく誓う点というとひざ掛けはサイズ的に1mx1m位あれば十分です。

ブランケットは用途に応じてですがひざ掛けサイズでも十分ですが、

体全体を覆うサイズのものもあります。

 

またデザイン性でもストールやマフラーをひざ掛けに使うことはできますが

ひざ掛けをマフラーにして外出するには少し抵抗があると思います。

 

「ひざ掛け=デザイン性を追求しないで小さなサイズのもの」

といった定義でよろしいかと思います。