ブランケット人気店

履歴 TOPへ

2014年ブランケット販売店総括

2014年も残すところ少しです。ブランケット販売店は冬グッズなので1月・2月もバッチリ需要はあるのですが、どうしても販促業界は3ヶ月前が基本なので、もうある程度は終わりになっています。そこで総括的な流れで感想を書いてみます。

 

消費税増税が痛手に

やはり心理的な側面があり、ブランケット販売店としても、大きな影響を受けています。単純に売れないということではなく、「使わない」というのが流れですね。使わないのであれば、当たり前ですが売り上げが上がることがありません。結果、自然と売り上げ減になります。これが痛手です。

当店のブランケットは保温性やデザイン性ではなく、ましてやブランドでもありません。どちらかといえば、本体だけはなく、オリジナルの1色名入れ印刷をして付加価値をあげて、オリジナルグッズとして展開します。こうした点から、「オリジナルを作ろう」という雰囲気が大切であり、その点が無いのが痛いですね。

 

 

ペンギンアップデートで順位下落

専門用語になりますが、検索順位が10月下旬から大きく落ち込み非常に低下しています。下記がその表です。

20141227

この表では最高7位まではいったのですが、現在では乱高下して、70位前後をウロウロしています。これでは広告だけに依存した販売方法になるため、当店ような零細企業では、まったく歯がたたない感じになっています。

結論から言えば、ネット広告を出すことになりますが、それでも効果は非常に低く、お金の出し方で売り上げが左右される最悪の事態です。商品には自信がありますが、結果、まだまだ感がありますね。

 

 

オリジナルの冴えは全く問題なし

オリジナル印刷については、全く問題ありません。数こそ少なかったのですが、ある程度は対応しました。結果としては、非常に素晴らしいオリジナルグッズ制作が出来た感じであり、全く問題ありません。当店としても自慢できる部分として誇りですね。ただし、大手のようなキャラクターグッズのようなパターンがなく、グッズの1ページに残るようなよい商品ではないので残念です。

ともかく、こうした当店でしか出来ない制作際業をもっと増やしていくしかないでしょう。

2014年12月27日