ブランケット人気店

履歴 TOPへ

ブランケットをかわいくオシャレに縫い合わせる方法:ふち縫い

貰ったブランケットがちょっと薄くて2枚重ねたい…とか使っていないボアシーツを縫い合わせて厚手のブランケットにしたい…ということがあるかと思います。
ブランケットや納付のふちを縫いとめる縫い方はこちらです。

 

シンプルフリース大判ブランケット[このような感じの縫い付け方法]

 

 

今回は使っていない薄手のボアシーツを二つ折りにして厚手のひざ掛けサイズの猫用コタツ布団を作ってみます。

 

使用するものは100円ショップで売っているアクリル毛糸と毛糸用の太い針です。

使用するもの

まず糸を1m位に切り、針に糸を通して玉止めを作り、2枚重ね合わせた布にさします。
縫う進行方向は左から右の→→→方向ですのでご注意を。

下から差し込み
ブランケット縫い合わせ1

ヨコの糸をかけます

ブランケット縫い合わせ2

ぐーっと引っ張るとそれっぽくなります。
一番最初はちょっと変な形になってしまいますが、続けていくうちにキレイな縁取りになります。

ブランケット縫い合わせ3

 

糸が足りなくなったら、糸がなくなるギリギリまで縫い付け、新しい糸をむずび合わせます。

ブランケット縫い合わせ4

気にしないで縫っていきます

ブランケット縫い合わせ5

ブランケット縫い合わせ6

しばらく塗ったら内側に糸を入れ込めばOK

ブランケット縫い合わせ7

 

ひざ掛けサイズの4面を縫うのに30分くらいかかりました。

でも見た目も綺麗で、べろべろしないので便利です。

ブランケット縫い合わせ8

 

シッカリと縫いまとまったので、縁を縫わずにただ2枚かけた状態(左)にくらめて見た目もスッキリ便利になりました(右)

バラバラのフチ

 

2014年12月11日