ブランケット人気店

履歴 TOPへ

しっかりと睡眠する生活リズム

さくら

ブランケットの話とそれます。

今回の内容は早寝早起きになります。

私の中では、すでに6時間睡眠方法が確立されており、これ以上眠らない形になっています。これは時間をにかに効率よくするためのものです。

ですから、夜の9時に寝ると、3時には目が覚めると同時におきます。

いわゆる「あと2時間眠ろう」とか「あと30分眠ろう」とかありません。

これは訓練で出来た覚悟であり、目が覚めたら起きるという視点で動いているからです。

 

このため、最近は4時に起きるようにしているため、10時には眠るようにしいてます。

22時ですから早い感じがありますし、実際には10時まで仕事をしている場もありますから、本質的には睡眠時間が少なくなっているのであります。

しかし、23時には自宅にいると、24時には体が勝手に寝ています。イスに座っていると眠っているのです。

 

こうした流れがあり、これを何度も繰り返していると、ある程度はノウハウとしては、起きるようになりますし、4時がダメでも5時には起きるようになります。

 

このサイクルを繰り返していけば、自然と4時・5時にはおきることが可能となっています。

2014年5月6日