ブランケット人気店

履歴 TOPへ

写真を撮るのは意外と大変だった件と、電車の旅について

20140102a

 

あけましておめでとうございます。

 

さて、今は元旦ということで、特別な場所にいます。 それは日本海です。 山陰線というjrですが、ローカル線と言ってもいい感じで、線路は1本です。 各駅停車もありますが、なんとかして特急系にて行なっていますが、実際には、特急といっても早くはありません。

 

これは仕方が無く、日本海の海沿いを走っている関係で、くねくねした線路を走っています。 これでは早く到着するのは至難ですよ。 また、当たり前ですが、1本しかないのであれば、衝突する可能性があるため、交互に連絡を取りながら、 走っています。そうすれば本数が確保できるからです。

 

さて、山口県萩市にいまして、出雲市へ行ってきました。 出雲大社です。ですのでそのだけの金額だけで7000円相当の電車賃になります。 仕方がありませんね。

 

今回、天気がそれなりで曇ったりして大変でしたが、それ以上に問題がある点としては、 「窓が汚い」という点なのです。 つまり、汚れがあり、その汚れそのもので写真が汚いのですね。

 

せっかくの綺麗な景色が台無しであり、さらにぼけてしまうため、ダメなんですよね。

 

これもローカル線の悲しい部分でありますが、それが旅の楽しさにもつながり、これはこれで 挑戦するようなもので、試行錯誤があり仕方がありません。

 

ともかく、こうした点からいえば、仕方が無い点よりも、状況に合わせて動くしかなく、 こうした点が面白い点であるのは、体験した人しかわからないでしょう。

 

20140102b

 

 

さて、やっぱり寒いので、結果的に防寒着としてのブランケットやマフラーやニットなどが それなりに発揮しました。

 

元旦なので寒いのは当たり前ですが、それなりに対策できました。 もともと、寒いのがわかれば、最悪の場合について、それなりに防寒していれば寒くはなく、 こうした点などが良い点でしょう。

 

特に風が一番の難点ですから、その点だけいえば、あまり不便ではありません。 逆に太陽が出てくれば暑いくらいで、人だかりであれば、さらに暑くなりますね。

 

ただし、温度差がありますので、こうした温度差がマイナスにならないようにしなければいけません。 こうした点などが考えると、ブランケットのサイトを運営していますが、こうした寒さが実感できる感じで、 その寒ささえわかればプラスになると考えています。

 

2014年1月2日