ブランケット人気店

履歴 TOPへ

展示会にてブランケット関連

当店としては刺繍について、機械や作業が出来るわけでありませんので、外注にて展開しています。

これ自体はまったくおかしな点はありません。

全ての機械を持って対策すれば、それだけコスト増になりますからね。

このため、刺繍のようなスポット対策は、すべて外注にて対策するようにしてます。

 

そんな中、刺繍屋さんが1社出店していました。

最初は機械販売がメインかとおもったのですが、刺繍自体をメインにしているところでした。

そここで世間話のような感覚で話をしました。

 

Q「刺繍は高いよね」

A「内容にもよりますが、大きさが重要ですね」

という内容でした。

 

この点については話をしました。

最初は展示会なので、安さを強調していたのですが、つっこみを入れてると、

やっぱり当店が思っているような価格になりました。

当たり前ですよね。

 

大きさにおいては、それだけ時間コストがかかりますので、どうしても費用対効果でみれば、

1枚を創り上げるのに40分とかかれば、相当なコストです。

ですから、それがめぐって単価にアップします。

 

ただし、世間では1枚40分かかるということを知りません

 

ですから、その40分が海外であれば、非常に安いコストになるわけですが、

日本の人件費という面からみれば、結果高くなるのは仕方がありません。

 

こうした点において話合いでは意見が一致。

どうしてもクオリティが高いものなら、こうしたコスト構造を理解すべきでしょね。

2013年10月20日