ブランケット人気店

履歴 TOPへ

ブランケット名入れでの注意点

ブランケットはそのサイズから大きな範囲の名入れが可能なアイテムです。

ただし、ブランケットに名入れする際には素材の性質上注意しなければならないことがあります。

木綿などの印刷しやすい布とは異なり、フリースの表面に名入れするのは印刷の再現性が難しいのです。

そこでぜひ心に留めておいて頂きたいのは

ブランケットの名入れデータにおいて『細い線は潰れる』ので使用しないようにする

という点です。

基本的にどの対象への名入れにおいても線の太さは0.1mm以上という制約があるのですが

フリースの場合には可能な限り太くするのが望ましいです。

ですので文字原稿においても明朝体のように細い線の書体は使用せず、ゴシック体を用いることを意識して下さい。

2013年5月26日